パン・レシピBEST10
お問い合わせリンクパン・レシピBEST10

カレーパン

洋食パンとして日本の国民食とも言えるまでに広まったパンがカレーパンです。カレーパンは日本で考えられたものでカレーとご飯を合わせたのも日本ですがカレーとパンを合体させたのも日本人なのです。日本独自のカレー文化が生んだカレーパンは今や知らない人はいないと言えるでしょう。愛されるカレーパンについてご紹介します。

カレーパンについて

カレーパンはカレーのフィリング(詰め物)をパンで包んだ惣菜パンです。サクサクの衣をまとった揚げパンとしての姿が有名でしょう。楕円形を横に引っ張ったような独特の形もカレーパンのアイデンティティのひとつでしょう。ロシアのパンである、挽き肉や春雨の入ったピロシキと見た目がよく似ているので、間違えてしまうこともしばしばありますよね。カレーパンは日本で誕生したもので、時代は昭和初期、東京の「名花堂」というパン屋さんで発案されました。発売当時は「洋食パン」という名前で、現在では元祖カレーパンのルーツとして語り継がれています。衣を着けて油で揚げたのは、カツレツにヒントを得たものといわれています。

カレーパンの作り方

残りもののカレーを使って、カレーパンを作るレシピをご紹介します。カレーは具の大きさがパンに包める程度のものにしましょう。特に、挽き肉のカレーがカレーパンにはオススメです。

材料

  • 強力粉 200g
  • 砂糖 15g
  • 塩 3g
  • ぬるま湯 80cc
  • 卵 1個
  • ドライイースト 4g
  • 無塩バター 15g
  • カレー 適量
  • とき卵 適量
  • パン粉 適量

カレーは包みやすいように、冷蔵庫で十分に冷やしておきましょう。水分の多いカレーであれば、電子レンジがフライパンで少し水分を飛ばしてから冷やしておくことをオススメします。生地づくりから始めます。まずぬるま湯にドライイーストを溶かし、15分ほど置いておきます。ボウルに強力粉、塩、砂糖を入れ軽く混ぜ合わせます、次に常温でもどしておいたバターを加え、サックリと混ぜます。ぬるま湯、卵を加えて、まとまるようになるまで混ぜ合わせます。生地がまとまるようになったら、打ち粉をした台に移しこねましょう。生地に張りが出てきたら、適当な大きさに分けて、30分ほど発酵させます。できましたら、平たく延ばし、冷やしておいたカレーを包みます。揚げたときに中身があふれないよう、慎重に包んでください。包み終わったものは、30分ほど寝かせます。寝かせ終わりましたら、溶き卵をつけ、パン粉をつけて、170度の油にいれ、片面ずつひっくり返しキツネ色になるまで揚げます。油から上げ、表面の油を切ったらカレーパンの完成です。 油に入れる際、やさしくそっと入れるのがコツです。慣れないうちは出来上がりに指で掴んだ跡などができることもありますが、気にせずに何度もトライしましょう。衣用のとき卵とパン粉の量は作る数や容器によって変わってきますが、卵1個分、パン粉1カップくらいが目安です。

焼きカレーパン

カレーパンを揚げずに、オーブンなどで焼いたパンが、焼きカレーパンです。作り方は、揚げるカレーパンとほぼ同じで、最後の揚げる工程の部分を、オーブンでの焼く工程に変えるだけで、焼きカレーパンにすることができます。200度に余熱したオーブンで約15分焼くと出来上がりです。揚げパンと比べるとサックリふんわりという食感になり、油をつかわないのでカロリーも低く抑えられます。

簡単カレーパン レシピ

手軽にカレーパンを作りたいという方には、ホームベーカリーや、ホットケーキミックスを使えば、パン生地づくりを簡単にする方法があります。でも、もっと簡単な作り方があるのです。それが、市販の「食パン」を利用する作り方です。この方法ならとても気軽にカレーパンづくりが楽しめます。

材料

  • 食パン 2枚
  • カレー 適量
  • とき卵 適量
  • パン粉 適量

まずは食パンの耳を切り落とします。耳を落とした食パン2枚でカレーをサンドするように包んでいきます。このとき、カレーはパンの中心だけにくるように入れましょう。端までカレーが来てしまいますと、揚げるときに漏れ出てしまします。包んだパンの端は押しつぶして、内側に少しまいてさらに押しつぶします。パンとパンが離れないようにしましょう。あとは、溶き卵とパン粉をさっとつけ、170度の油で揚げ色がつくまで両面をあげます。簡単にできますので、いろいろとアレンジして楽しんでみてください。

カレーパンのカロリー

カレーパンのカロリーは1個平均130gと考えて、約300〜400キロカロリーです。ただし、これは揚げたカレーパンの場合で、焼きカレーパンですと、およそ200キロカロリー前後まで抑えることができます。また、中につめるカレーの種類によっても変わりますので、野菜カレーなどのローカロリーなものを使用すればさらに低く抑えることもできます。

いろいろなカレーパン

カレーパンはその人気から、様々な種類が考案されてきました、本格的なインドカレーやキーマカレーを使用したものや、カレーと一緒にチーズやタマゴを包んでアレンジしたものもあります。有名洋食店とコラボレーションしたものがコンビニなどで市販されていることもあります。カレーパンの有名なお店としては、東京都江東区の森下商店街にある元祖カレーパンの店「カトレア」があります。洋食パンとしてカレーパンを売り出した「名花堂」が改名して「カトレア」となりました。また、神奈川県にある「湘南カレーパン シモンズ」もおいしいカレーパンとして有名なお店です。カレーパンを愛して止まない「カレーパンのうた」というのもインターネット上で密かなブームを起こしました。

パン
<a href="http://pan-10.net/" target="_blank"><img src="http://pan-10.net/img/banner.gif" alt="パン" width="88" height="31" border="0"></a>

パンレシピBEST10

<a href="http://pan-10.net/" target="_blank">パン・レシピBEST10</a>

広告掲載